今日から3日間、灘中学では中間テストです。

息子のお友達は土日は遊ぶ!と言っていたらしいですが、
わたしたちはこつこつがんばりました。
へとへとです。

灘中学では学年にもよるそうですが、中1で中学3年間の勉強を終わらせるので、
なんといっても中間・期末の範囲が広いです。
進度は早くて、宿題は少なめで、テストは難しいとなると
やっぱり自主的に勉強するか、塾に通うかしかないような気がします。

息子はまじめですが、勉強に対して貪欲な感じではないので
テスト前も比較的のーんびりしています。

こんな感じでよいものか、正直よくわかりません 笑

一日目が終わって帰ってきましたが、
それなりの手ごたえはあったようで、いっぱい話して楽しそうでした。
私もほっとしています。

引き続き、サポートがんばります♪


d0214340_20283822.jpg

息子から聞くと、まわりのお友達が中間・期末テストがよければごほうびに、
ゲームを買ってもらう、タブレットを買ってもらう。
など、あるらしいので
うちは、30位以内なら、タブレットにパズドラを
ダウンロードしてもいいということにしてみました。

なんか、激しくそういうことじゃない気がしますが… 笑
楽しんで勉強できれば、よいのかなーなんて思います。

つい、子供のことだとがんばりすぎて、
不真面目な、いい加減な自分っていなかったような錯覚をおこすのですが
こうでなければ!ということの対極にあるゆるーい感覚って
結構大切かもしれません。
なので、「ごほうびの功罪」なんて考えずに、
いずれこつこつとした頑張りが、積み上げた知識が
前へ奥へ、先へ未来へつながってくれたらなあとぼんやりと思います。


明日もがんばれー


押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村


[PR]
# by brandnewhouse | 2017-10-16 20:40 | 灘中学

灘中受験 秋の勉強。


本年度、中学受験を控えていらっしゃる方々は
お忙しい日々を送っていらっしゃると思います。


d0214340_16181967.jpg


運動会などは終わられた学校が多いと思いますが、

秋からは過去問、塾の宿題、志望校に特化した問題など、
課題が山積している上、本番まではまだ時間があるような、
でも、焦っていろいろ始めても到底間に合いそうにないような、
落ち着かない日々だと思います。

息子も9月は結構疲れていましたが、息子の成績の中で一番よかったのがこの時期でした。

浜学園の公開テストなどでは10傑に入ったり、20位までの常連になっていました。

成績としてはよい成績で比較的安定はしていましたが、灘中の理科の過去問を見て、
あーまずいなーと思いました。
(灘中受験を考え始めたのが10月中頃だったのでこの時期初めて見ました。)

理科の偏差値は浜学園の公開テストでは72~74くらいで
順位も20位~30位くらいには入っていました。

理科での息子の得意分野は徹底的な暗記からの応用だったのですが、
灘中の理科は暗記をベースにしながらも、高難度のパターンにはまらない問題が多く、
問題を理解し、咀嚼し、分析し、ひらめき、対応していくという力が必要でした。
10月の頃の息子にはその点が圧倒的に欠けていると感じて大変焦りました。

それは経験不足からくる問題だったのですが、その経験値を得るための時間が
10月からでは足りないと思いました。

なので気持ちを切り替え、目指すは合格平均点にしました。

暗記からの応用のため、塾の灘中対策のプリントを
なぜそうなるのかという過程を含め、丁寧に仕上げ、
過去問の間違い直しを徹底的にやりました。

浜学園では受験の前日に先生からお電話をいただいて
激励していただくのですが、
先生にも「理科が不安です」と言っていました。

本番の結果としては、息子の理科の点数は合格者平均には届かず、受験者平均とほぼ同じ点数でした。

また、最後の国語の公開テストではまさかの1000番台をとってしまいましたが、
(普段はだいたい50番くらいでした)
本番は国語の点数がとてもよく、合格することができました。

ということはこの時期からは公開テストの点数や偏差値ではなく、
とにかく受験校に特化した問題をこなし、過去問を本番のように解き、
問題に慣れ、問い方に慣れ、受験に慣れていくことが大切だと思います。


本番さえできれば大丈夫です。


人は不安材料に目を向けがちだそう。
振り返って私こそそうだったなあと思います。

国語が壊滅的になってしまった最後の模試の順位や結果を

息子は見て、「うん、全体的にはそんなに悪くなかったよ」
と自分でちゃんと受け止めていました。
パニック必至な私は見ないことを選びました。

自分のことならなんでも適当にしてきたのに、
子供のことなら、慎重に慎重を重ね、不安は100倍です。

もしかして、親は無意識に子供を可視化できる
自分の理想にしてしまうことがあるのかもなあ。
そして、生々しく突きつけられる自分の弱点にしてしまうのかも。

一つの不安材料よりも、積み上げてきたものをしっかり見据えて
泰然とありたいなあとこれからの私の課題でもあります。

でも振り返ってみて、今から受験までの日々は
息子と一緒に頑張った愛し日々です。


合格を信じて、頑張ってください!




押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村


[PR]
# by brandnewhouse | 2017-10-13 16:23 | 中学受験

中間、期末のサポートをがっつりしています。

灘校は勉強の進度が非常に早く、英語なんかも中1の夏休みで現在完了が宿題に出ていました。
物理、生物、化学もテスト前は高校の参考書を使って勉強しています。
(授業は先生お手製プリントが多いです。)

入学前の春休みに中学3年間の数学を終わらせてから
入学される方もいらっしゃるそうで、
(我が家はもちろん例外です。)
小テストでは、90点台でも平均点以下ということも
あります。


息子は家でよく、
「わからん、難しい」と言ってるのですが、
中1から塾に行くのは負担かなあと思い、
覚悟を決めて、中学3年間は勉強を教えることにして、
英語と社会は徹底的に高校卒業まで付き合うことにしました。


数学は因数分解程度なので
なんとかまだいけそうですが、
物理、生物あたりが超文系の私には相当きつく、
頭から湯気がでそうです。

もうすぐ中間ということもあって、
参考書を手にうろうろする毎日です 笑


d0214340_14090376.jpg


とにかく、きれいごとでは学ぶことは良いことだ、
自分のためにもなる、などなんとでも言えるのですが、

生活のあれやこれやをこなしながら
予備知識のない科目を
教えられるほどに勉強をするのは、
相当きついことだなあと実感しています。

でも、一緒に勉強しているときの息子の顔は
キラキラしていて、いっぱい話し、
ありがとうと何回も言ってくれます。
わからないことがわかった安堵感とか、
達成感が手に取るように感じられます。


お互いに尊敬しあって助け合って、
既知のことも未知のことも
分け合えて行けたらなあと思うのです。


というわけで、
増えるのは脳のしわだけであってほしいと願う、
中間ウィーク、がんばります 笑




押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村


[PR]
# by brandnewhouse | 2017-10-10 14:10 | 灘中学

灘校 入学説明会

明日、明後日と灘校の入学説明会があります。

d0214340_22122884.jpeg

10月6日 金 10時から 中1授業見学
10時30分から 説明会


10月7日土 10時から 説明会
11時30分から 校内見学

です。

予約は不要です。上靴も必要ありません。

過去問の販売もあり、願書も購入できます。
願書、私は一部しか購入しませんでしたが、
念のため2部購入される方も多いらしいです。

10月6日に行かれる方は授業の様子を見学いただけます。
なかなかない機会です!

灘校受験を考えていなかった私たちでしたが
この日を境に残り3ヶ月で灘を目指すことになりました。

灘校の何かが真ん中にすっと入って一瞬で好きになりました。
合縁奇縁なのでしょうか?

いずれにせよ、ご縁に感謝です。






押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村


[PR]
# by brandnewhouse | 2017-10-05 22:19 | 灘中学

フィンユール邸。

最近、どうしてもフィンユール邸が気になります。

もともとは建築家だったフィンユールが、家具はもちろん、
日用品や食器まであらゆるものをデザインした「最高傑作」な邸宅。

d0214340_15300768.jpeg

d0214340_15294884.jpeg


d0214340_15291000.jpeg

部屋によって天井の色がすべて違ったり、床材を変えたり、
細部にわたっての拘りに脱帽です。

自身が「総合芸術作品」と呼ぶフィンユール邸。

行ってみたいなあ。

デンマークはなかなか難しくても、
高山のフィンユール邸にはすぐにでも行きたいです。





家はただ一種の囲いなんだろうと思うのですが、

囲いに囲われた瞬間、性格を持つような気がします。

だからめいっぱい楽しい場所であって、めいっぱい頑張れる場所であって、
めいっぱい放縦で、めいっぱい静謐であって
小さい人を育てる場所であるということにまっすぐに拘ります。

もう、そんなに小さい人でもないですが。笑






押していただけるとうれしいです♪

にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村


[PR]
# by brandnewhouse | 2017-10-04 08:49 | インテリア